群馬オフィスづくりブログ
ブログ

オフィスレイアウト
施工 配線 病院 オフィス 工事
配線の見直し、再設置を行いました

群馬オフィスづくり.comは群馬県高崎市を中心とした西毛エリア、群馬県前橋市でお客さまのオフィスづくりに一括対応しています。 オフィス移転や、オフィスレイアウト設計、オフィス家具選定、オフィス内装工事などオフィスづくりに関わることなら私たちにお任せください。 長年の経験をもとにお客さま1社1社のご要望に柔軟に対応いたします。 8月になりました。まだまだ暑い日が続きます。暑さで体調を崩しやすい時期ですが、皆さまご自愛くださいませ。 こんな暑い中でも日々お客様のオフィスのメンテナンスを実施しておりますが、今回ご紹介する事例は、少し珍しい事例です。 ある総合病院様の院内にある配線の見直し、再設置をしました。 お客様はこれまで病院を運営されていましたが、院内ネットワーク、インターネット、電子カルテなどを繋ぐ配線をその都度設置されてきたため、配線がぐちゃぐちゃになってしまい、万一の事態に復旧させる手間や時間がかかったり、部屋のレイアウト変更を行う際にどの配線を抜いて良いか分からなくなるなど日常業務にも影響が出てきたことから、私たちが対策案を考え実施しました。 実施前の状況をご説明します。 線がオフィス家具の裏でぐちゃぐちゃになっていました。 線が床の上に設置されガムテープや段ボールで固定されたりカバーされてました。 このような状況ではどの線がどの役割のものか分からないのでトラブル時の復旧も大変ですし、床に這った線に足を引っかけて断線したり、人がこけてケガをしたりする危険が潜んでいます。 これを改善させていきました。 まずは院内の配線状況を見える化して、どの箇所がどうなっているかの現状を調査しました。 その後、本来無くても困らない無駄な線を洗い出し見直しを行いました。 そして、実際に設置のし直しを行いました。 線の役割毎に色を分けて、きれいに配線し直しカバーを設置しました。 このような配線の見直し、再設置を行うことで万一の事態の時に素早い復旧作業ができますし、レイアウト変更や使用機材の変更時にスムーズな変更が可能となります。 配線の問題は溜めておくとズルズルと先延ばししていき、どんどん面倒になってきてしまいます。配線で悩んだ場合は私たちにご相談ください。 また、配線の見直しと同時に事業所内のサイバー犯罪対策の見直しもおすすめします。 私たちはサイバー犯罪対策の取り組み、プランニングも実施しております。有資格者の専門部署もございますので、オフィスのメンテナンスと合わせてご対応可能です。ぜひご検討ください。 オフィス移転やオフィスレイアウト設計、オフィス内装工事をはじめとした各種工事からオフィス家具選定まで 幅広く対応していますので、オフィスづくりに関してお悩みごとがありましたら、ぜひ私たちにご相談ください。 配線の工事に関してはコチラ https://gunma-takasaki-office.com/cms02/network/